YouTubeショートの「基金」は、他サービス向け動画も対象 : ただし、ウォータマーク付きの動画は除く

DIGIDAY

Warning: file_put_contents(): Only 8192 of 64781 bytes written, possibly out of free disk space in /home/ss144085/okane.robots.jp/public_html/wp-content/themes/cocoon-master/lib/utils.php on line 1905

YouTubeは、TikTokのショートフォーム動画だけでなく、動画クリエイターに報酬を支払うための基金の設立までもを模倣した、最新のデジタル動画プラットフォームだ。しかし、これは、同一のクリエイターがそれぞれのプラットフォームのクリエイター基金を二重に利用できるわけではない。

Source

タイトルとURLをコピーしました