広瀬香美や小室哲哉がオーケストラ公演する理由…実は“おいしい仕事”?

ビジネスジャーナル

広瀬香美や小室哲哉がオーケストラ公演する理由
広瀬香美オフィシャルサイトより

 今冬、ポップ歌手の広瀬香美さんが、オーケストラ公演【Kohmi 30th「ロマンスの神様」Symphonic Concert】を開催するようです。広瀬さんの代表曲『ロマンスの神様』は1993年、スキー「アルペン」のテレビコマーシャルで一世風靡し、僕も音楽大学を出たばかりの頃でよく聴いていました。それが、なんと今年になってTikTokで「ロマンスの神様」ダンスが大流行。再生回数も5万回を突破し、再ブレイクしているそうです。

 また、音楽プロデューサーの小室哲哉さんも、初のオーケストラ共演をするそうですし、今年はポスト・コロナを象徴するような大規模コンサートが目白押しとなっています。

 皆さんにとっては、ポップ歌手とオーケストラとの共演は、異種格闘技ならぬジャンルの違う音楽家同士のコンサートで、トラブルなく演奏するのは難しいのではないかと思われるかもしれませんが、まったく問題ありません。考えてみれば、ポップ音楽もクラシック音楽も、100年くらい時間をさかのぼれば同じ音楽に行き着きますし、そもそも音符自体が同じなので、問題なく演奏できるのです。

 実はオーケストラにとって、ポップ歌手との共演は“おいしい仕事”です。普段行っているクラシックコンサートのように、指揮者やソリストの出演料、広告、販売、楽譜購入、ホール確保の経費もまったく必要なく、決して楽な仕事ではありませんが、常に赤字で真っ青になっているオーケストラ事務局としては大助かりなのです。

 楽員のなかには、「ロマンスの神様の広瀬香美さん!」と、チャンスがあれば記念撮影をお願いして、一生の宝物にする人もいるに違いありません。かくいう僕も、同じチャンスがあれば、一緒に写真を撮ってもらうでしょう。

アメリカでは大規模なコンサートが頻繁に開催

 ポップ歌手とクラシックオーケストラの共演は日本だけの話ではなく、アメリカなどでも盛んに行われています。そこには日本と同じ事情がありますが、特にアメリカのオーケストラは、国や自治体からの援助がほとんどなく、企業や個人の寄付に頼って活動しているという背景があります。

 寄付者の興味をそそるためにも、ときには莫大なお金がかかる曲を演奏したり、高い出演料がかかるスター指揮者やソリストも常に雇う必要があるので、経営的に余裕があるように見えるオーケストラでも、実情は青息吐息。オーケストラ自身も必死にお金を稼ぐ必要があるので、コンサートのチケット収入はもちろん、ポップ歌手との共演は経営的に重要です。

Source

タイトルとURLをコピーしました