待った!「楽天モバイル」から「povo2.0」に乗り換えないほうがいい人の条件とは?

ビジネスジャーナル

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

楽天モバイルは月1GBまで0円の現行プランを2022年6月末で廃止する。これにより7月1日からは最低でも月額1,078円の利用料がかかるため、楽天モバイルを0円運用してきたユーザーは、一斉に解約したりpovo2.0に乗り換える騒ぎとなった。だが、場合によっては、慌てて楽天モバイルからpovo2.0に乗り換えないほうがいい人もいる。果たしてその条件とは?

「楽天モバイル0円廃止」でpovo2.0に乗り換える人が続出!

2022年5月13日、楽天モバイルは突然月1GBまで0円のプランを6月末で廃止、2022年7月1日からは新プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」を導入すると発表した。

しかも、既存ユーザーは全員強制的に新プランに移行されてしまうため、最低でも月額1,078円を支払う必要が出てきた。これにより、楽天モバイルを0円運用してきたユーザーは、一斉に解約したり他社へ乗り換える騒ぎとなったのである。

とくに、基本料0円で運用可能な「povo2.0」に乗り換え申し込みが殺到し、一時的に本人確認作業やSIMカードの発送が遅れるといった事態に。povo2.0への乗り換えについてはこちらの記事が参考になるだろう。

筆者もさっそくpovo2.0にMNPで乗り換えたばかりだが、乗り換えた後になってひとつだけ気になったことがあった。それは、楽天モバイルの「Rakuten Link」による電話のかけ放題が使えなくなったことである。

●楽天モバイル(公式)→こちら

Rakuten UN-LIMIT VII
(Image:network.mobile.rakuten.co.jp) 2022年7月から月3GBまで月額1,078円が最低利用料金となった楽天モバイルだが、月1GBまでなら10月までは実質無料で利用できる(画像は「楽天モバイル」公式サイトより転載)

●povo2.0(公式)→こちら

povo2.0
(Image:povo.jp) 基本料0円でトッピングを追加する方式のpovo2.0。ただし、180日に1回は何かしらのトッピングを購入するか、660円以上の支払いがないと契約解除される場合がある(画像は「povo」公式サイトより転載)

楽天モバイルで0円運用していたユーザーの多くは、ひとつのスマホで2つのSIMカードを同時使用できる「デュアルSIM運用」し、楽天モバイルをサブ回線として使用していたことだろう。デュアルSIMについてはこちらを参考にしてほしい。

もちろん、筆者もデュアルSIMでドコモの格安SIMと楽天モバイルを併用していたが、楽天モバイルからpovo2.0にMNPで乗り換えてしまったことで、楽天モバイルの「Rakuten Link」アプリによる完全無料でかけ放題電話が利用できなくなってしまった。

当然、povo2.0で普通に電話をかけると22円/30秒の通話料がかかるため、もし、1時間も通話すればそれだけで2,640円もの出費となる。

そ…

続きは【オトナライフ】で読む

Source

タイトルとURLをコピーしました