子どもに原因不明の急性肝炎が続出…ウイルス感染か?移植を要する重症や死亡例も

ビジネスジャーナル

子どもに原因不明の急性肝炎が続出
子どもは体を動かすことが重要(「Getty Images」より)

 今、海外で原因不明の子どもの急性肝炎が相次いでいる。

 世界保健機関(WHO)によると、4月21日までに英国を中心に報告された子どもの急性肝炎は、12カ国で169人(生後1カ月~16歳)にも上る。その約1割にあたる17人が肝移植を必要とする重篤な状態になり、うち1人が死に至った。国内でも、この肝炎の可能性があるケースが7例報告されており、不安が広がっている。

 小児の肝炎について、有明みんなクリニック、有明こどもクリニック、有明ひふかクリニックの理事長で小児科医の小暮裕之医師に話を聞いた。

子供では稀な急性肝炎とは

 小児の急性肝炎がニュースとなっているが、小児が急性肝炎になることは、珍しいものなのだろうか。

「お子さんが、今回のような重症な急性肝炎を発症することは非常に珍しいと言えます。小児科の専門医が入院患者さんや外来患者さんを診察する中でも、小児の重症な急性肝炎は極めて稀です。一方で、肝機能を示すGOT、GPTの数値が2~3倍になるような軽微な肝機能低下を認めるケースは多くあります。それらは無症状な場合が多く、風邪や薬の影響などによる一時的なものです」(小暮医師)

 急性肝炎を発症すると、その症状は全身に及び、命を脅かすこともあるという。

「肝臓は生命を維持する上で非常に大切な臓器です。代謝、解毒作用、胆汁の生成・分泌などの働きがあります。代謝とは、食べ物からタンパク質を合成し、吸収された栄養素を体内で利用できる形に変えて、供給、貯蔵する働きをいいます。解毒とは、有害な物質を分解し、無害な物質に変え、排出されるようにする働きです。また、肝臓で生成・分泌される胆汁は、脂質の消化吸収を助ける作用があります」(同)

 急性肝炎を発症すれば、肝臓の機能が低下し、健康障害が起きることになる。

「急性肝炎を発症すると、全身症状が現れます。倦怠感や食欲低下や悪心・嘔吐に始まり、重篤になると黄疸が出現し、さらに症状が進むと肝性脳症が起き昏睡状態から死に至ることがあります」(同)

 黄疸とは、肝臓の機能低下により血液中のビリルビンが増加し、皮膚や眼球結膜(白眼)が黄色くなる症状をいう。肝性脳症は、肝臓の解毒機能が低下するために起こる。肝臓には体に有害なアンモニアなどを解毒する働きがあり、急性肝炎によって肝臓の機能が低下すると、アンモニアなどの有害物質を解毒できなくなる。すると、アンモニアなど有害物質の血中濃度が上昇し脳へ運ばれ、脳機能が抑えられ、肝性脳症を発症する。

 小児の生理機能は成人と比べ未熟であり、小児が重症な急性肝炎を発症すれば、重篤になる可能性が高いといえる。

Source

タイトルとURLをコピーしました