GW中日、免許センター激混みで悲鳴続出…なぜ新規の免許交付件数が急増?

ビジネスジャーナル

埼玉県警の公式サイト
埼玉県警の公式サイト

 ゴールデンウィーク(GW)中日の2日、日本国内のTwitter上では「免許センター」がトレンド入りしていた。例年年末年始などに運転免許センターが混み合うことはよくあるが、今年はGW期間中、平日が2日入ったこともあり、どこの免許センターも活況を呈したようだ。Twitter上では以下のような投稿が目についた。

「ようやく待ち時間約120分の所要時間30分アトラクション(免許センター)に入れる」

「免許センターなう 学科試験の受付10時までなのにまだ前に100人ぐらい並んでるのバグやろ」

「免許センター来て早2時間、立ち待ちを続けています。大人気アトラクションかよ」

 特に首都圏近郊では、埼玉県鴻巣市にある同県の埼玉県警運転免許センターの“混雑”を嘆く書き込みが目立った。

免許更新は“優良”なら所轄警察署でも受けられるが……

 第一種普通自動車運転免許の交付手続きと初回更新手続きは、免許センターで行う必要がある。一方で、初回以降の更新手続きは、講習区分(運転者区分)によって場所が異なる。名前が上がっていた免許センターを統括する埼玉県警では、5年間無事故無違反だった優良運転者は所轄警察署で講習を受け、更新手続きができるが、“一般運転者”は2時間の講習を免許センターで受講しなくてはならない。

 交通部門勤務の経験の長い元警視庁警察官は次のように語る。

「一般運転者の更新は免許センターというのは、全国どこでも同じだと思います。単純に所轄署に何十人も集めて2時間の講習をやる場所なく、それに対応できる人員がいないというのが一番大きいでしょうね」

 この指摘を裏付けるように、同県警の免許センターのQ&Aには次のような質疑応答が記されていた。以下、原文ママで引用する。

<Q:違反運転者や初回更新者は、なぜ運転免許センターまで行かなければならないのですか?

A:違反運転者及び初回更新者の更新時講習は、2時間と規定されており、残念ながら警察署には2時間の講習を行う施設及び十分な駐車場施設を確保することが困難となっています。

 そのため、運転免許センター建設以前は、警察署で申請手続を済ませた後、後日自動車教習所等で2時間講習を受講してから、再び警察署に出向いて新しい更新免許証を受け取るという3度も足を運ばなければなりませんでした。そこで、2時間講習については、このような負担を解消するため、日曜日又は平日に当たる毎日都合のよい日に更新申請が可能であり、しかも「申請→講習→即日交付」までの一連の手続が1回で済ませることができる施設、体制を整えた運転免許センターで実施しています。

 全国で実施している更新日時、更新場所等は、各都道府県の地域性、特殊性、財政事情等を踏まえつつ、更新者の利便性と経費の効率性との調和の観点で位置づけられています>

Source

タイトルとURLをコピーしました