大麻にコロナ予防効果との研究結果…大麻解禁が進む世界、日本では使用規制強化か

ビジネスジャーナル

大麻にコロナ予防効果との研究結果
医療用大麻は解禁すべき?(「Getty Images」より)

 今年1月、科学論文誌「Journal of Natural Products」に、大麻に含まれるカンナビゲロール酸(CBGA)とカンナビジオール酸(CBDA)が、新型コロナウイルスの体内への侵入を阻止する可能性があるとする米オレゴン州立大学の研究チームの論文を掲載。これを受け、「大麻でコロナを予防できる」とのニュースが大きな話題となった。

 大麻によるコロナ予防は、まだまだ研究段階であり、エビデンスに欠けるものと思われるが、近年、医薬品としての大麻利用には関心が集まっている。実際に海外では、大麻から製造された医薬品が承認されている例もある。また、アメリカの一部の州やカナダなど複数の国で嗜好品大麻も合法化となり、大麻ビジネスの成長は加速し、“グリーンラッシュ”と呼ばれ世界の注目が集まっている。そういった海外の大麻事情と比較すると、日本での大麻を取り巻く状況は、あまりにも遅れている。

大麻取締法が阻む治験

 大麻成分のCBD(カンナビジオール) を含有するエピディオレックスは、既存の抗てんかん薬が効かない難治性てんかんの発作抑制効果が高く、アメリカではすでに医薬品として承認されている。日本でもエピディオレックスの治験を進めようと尽力する医師たちがいるにもかかわらず、大麻取締法が治験の開始を阻む現状にある。現行の大麻取締法では、大麻由来の医薬品の使用や輸入、治験を禁止しており、エピディオレックスの治験を行うには法改正が必要となる。

 日本のてんかん患者数は約100万人ともいわれ、そのうち20%は発作コントロールが難しい難治性てんかんであり、エピディオレックスの承認が多くのてんかん患者にとって希望となることは間違いない。

 厚生労働省は「大麻等の薬物対策のあり方検討会」を立ち上げ、そのなかで「大麻由来の医薬品は絶対認めるべき」といった意見も出ているが、今のところ大きな進展はない。厚労省が公開する議事録を見ても、大麻の危険性に重きを置いた議論となっている印象だ。しかし、患者の利益を大優先に考えるのであれば、大麻由来の医薬品について前向きな論議を進めるべきだろう。

Source

タイトルとURLをコピーしました