岸田首相、盟友だった安倍晋三“切り”へ転換か…安倍政権の負の遺産処理に躍起

ビジネスジャーナル

岸田首相、盟友だった安倍晋三切りへ転換か…安倍政権の負の遺産処理に躍起の画像1
安倍晋三氏のInstagramより

 自民党の安倍晋三元首相、麻生太郎副総裁、茂木敏充幹事長が、臨時国会が閉幕した翌12月22日、東京・浅草の日本料理店で3時間にわたって会食した。3人ともが派閥の領袖。95人が所属する安倍派は党内最大派閥、麻生派と茂木派はそれぞれ53人を抱え、ともに党内第2派閥。会合では、3派で結束して岸田文雄政権を支えていくことを確認したと伝えられている。

 安倍氏と麻生氏は、ともに祖父が総理大臣という政界のサラブレッド。ボンボン育ちの境遇も似ており、長年の盟友関係にある。第2次安倍政権の7年8カ月、ずっと閣僚ポストに付いていたのは、麻生氏と菅義偉官房長官(当時)の2人だけだ。

 だが、その盟友関係も、岸田政権になってから微妙に変化しているという。それは、岸田氏との距離感の差だ。「岸田氏は首相になる以前から、なんでも麻生さんに相談してきた」(岸田派関係者)こともあり、本来なら“一丁上がり”の名誉職ポストの副総裁を、幹事長と同等かそれ以上として扱っている。

 岸田氏が党本部を訪ね、茂木幹事長と会談する際は麻生氏も同席。12月24日には松野博一官房長官も加え、4人で都内のホテルで昼食をともにしながら会談した。今月召集の通常国会や夏の参院選、新型コロナウイルスのオミクロン株への対応など、今後の政権運営について協議したとされるが、この4氏による会談は11月22日以来、2度目。つまり、この4人の枠組みが岸田政権の屋台骨ということになるわけで、そこに副総裁も入っているのである。

 一方、岸田氏は安倍氏に対しては、配慮こそ見せるものの、それほど重要視していない。

「安倍氏が望んだ高市早苗幹事長、萩生田光一官房長官という人事を受け入れなかったことや、安倍氏にとって地元では親の代からの政敵の林芳正氏を外相に起用したことが象徴的でした。最近もアベノマスクの年度内廃棄を決めるなど、安倍政権時代の負の遺産の処理に舵を切っているようにも見えます。もっとも、折に触れ議員会館の安倍氏の事務所を訪ねるなど、岸田氏は表面的には安倍氏に気を遣ってはいますがね」(自民党のベテラン議員)

「大宏池会」構想

 安倍氏と麻生氏は財政政策をめぐっても対立した立ち位置にある。高市政調会長が自民党内に設置した「財政政策検討本部」は財政出動を重視する積極財政派の集まり。安倍氏が最高顧問を務める。これに対抗するかのように、岸田首相直属の組織として自民党内に「財政健全化推進本部」も遅れて立ち上がった。こちらの最高顧問は麻生氏だ。

Source

タイトルとURLをコピーしました