検索ランキング1位「すとぷり」空前の人気の秘密…過去に炎上騒動でアンチも

ビジネスジャーナル

[embedded content]

 6人組エンターテイメントグループ「すとぷり」が、12月6日放送のバラエティ番組『しゃべくり007』(日本テレビ系)にゲスト出演。YouTubeやTwitterなどを主戦場としているだけに、彼らはネット上でたびたび話題になっていて、『しゃべくり』放送中にはTwitterで世界トレンド1位を獲得したこともネットニュースで報じられていたが、彼らはいったいどのようなグループなのか。

 2016年にリーダー・ななもり。が発起人となって誕生した「すとぷり」は、ななもり。、ころん、さとみ、るぅと、ジェル、莉犬というメンバーで構成されている。グループの楽曲を配信したり、個人で音楽活動やゲーム配信をしたりしているメンバーも。22年には、グループ初のドームツアー「すとろべりーめもりー Vol.Next!!!!」の開催も決定している。

 なお、生ライブと握手会では“顔出し”している彼らだが、それ以外はアイドル系キャラクターのアバターやイラストで出演。『しゃべくり』でも、メンバーの肩より上はイラストパネルで隠されており、番組MCのくりぃむしちゅー・上田晋也から「なんで顔を出さないっていう活動をし始めたの?」と尋ねられると、ななもり。は「ちょうど僕たちが動画配信の活動を始めたのが高校生の頃なんですけど。まだ僕たちが小学校、中学校、高校生の時って、ネットって本当にアンダーグラウンドというか。『個人情報なんてネットに公開したらアカンよ』っていう教育をずっと受けてきたもので、こんな感じになっちゃいました」と説明した。

「すとぷり」の公式YouTubeは、12月22日時点でチャンネル登録者数162万人。それだけでも十分すごいのだが、メンバーそれぞれでもチャンネルを運営しており、『しゃべくり』ではグループ合計での登録者数が980万人を超えたことや、投稿動画の総再生回数もグループ合計で47億回を突破したと紹介された。

 ちなみに、ヤフーは12月9日、子ども向けポータルサイト「Yahoo!きっず」で今年検索されたキーワードランキングを発表したが、「検索ランキング」の「人物」部門では、6位の「HIKAKIN」や2位の「BTS」を抑え、「すとぷり」が1位を獲得(昨年からの2連覇)。さらに、Z世代(1990年後半から2000年代生まれの若者)の間で今年流行したものを総括する「Simeji presents Z世代トレンドアワード2021」(12月2日開催)の「年間トレンド大賞」では、「すとぷり」が3位にランクインしていた。

「6人で仲が良さそうな雰囲気や、個人でもさまざまな才能を発揮していることに加え、ライブや握手会に行けば素顔が見られるという特別感も、ファンを夢中にさせているようです」(記者)

Source

タイトルとURLをコピーしました