皇位継承 旧宮家の復帰が必須 – 和田政宗

BLOGOS

安定的な皇位継承のあり方を検討する有識者会議が開かれ、論点整理をまとめた。

悠仁親王殿下が皇位を継承するまでの流れを「ゆるがせにしてはならない」と明記。

そして、皇族の減少を食い止める方策として、皇族の養子縁組を可能にして旧宮家の男系男子を皇籍復帰させる案と、女性皇族が結婚後も皇室に残る案の2案を優先的に検討する方針を打ち出した。

今後、2案を中心に調査・研究を進め、困難な場合は、旧宮家の男系男子を直接皇族とする案を、別途検討する考えを示した。

安定的な皇位継承のためには、旧宮家の男系男子の方々の皇籍復帰が絶対に必要だ。実現しなければならない。

『皇位継承順位「ゆるがせず」 皇族確保、2案を優先検討―有識者会議』(時事)

皇位継承順位「ゆるがせず」 皇族確保、2案を優先検討―有識者会議:時事ドットコム
政府は26日、安定的な皇位継承の在り方を検討する第10回有識者会議(座長・清家篤日本私立学校振興・共済事業団理事長)を首相官邸で開き、論点整理をまとめた。悠仁さまが皇位を継承するまでの流れを「ゆるがせにしてはならない」と明記。その上で、皇族数の確保策として、女性皇族が結婚後も皇室に残る案と、皇族の養子縁組を可能にして旧...
タイトルとURLをコピーしました