ハワイ旅行2週間で総費用250万円…日本経済停滞の影響、海外旅行は遠い存在に

ビジネスジャーナル

ハワイ旅行2週間で総費用250万円…日本経済停滞の影響、海外旅行は遠い存在にの画像1
ハワイ(「gettyimages」より)

 8月25日放送の情報番組『グッド!モーニング』(テレビ朝日系)で、ハワイ旅行に訪れた4人家族の日本人観光客を取材したところ、2週間の旅行でかかった費用がなんと250万円にものぼったと紹介されていた。コーヒー1杯が1400円、ラーメン店を家族で利用して1万円以上かかったなど、衝撃的な物価高騰が起こっているようだ。そんな物価高騰にもかかわらず、ハワイ旅行の予約者数は昨年の10倍にまで増えているという。

 そこで今回は、観光学に詳しい駒沢女子大学の准教授・鮫島卓氏に、ハワイの物価高騰の背景や、一般庶民では海外旅行に手が届かなくなりつつある現状などを解説してもらった。

海外渡航自由化で初めて開かれた桃源郷……日本人がハワイを好きなワケ

 日本政府観光局が出している統計「各国・地域別 日本人訪問者数」の2016年のデータを見ると、1位の渡航先は約357万人でアメリカとなっており、とりわけハワイの人気が高いようだ。まず、こうした日本人のハワイ好きはいつから始まったのだろう。

「日本の海外渡航の自由化は、1964年に行われた外為規制の緩和措置によって初めて解禁されました。当時、海外旅行にかかる代金は日本人の平均月収の約10倍に達することもあったので、庶民が海外旅行を楽しむには、航空会社や旅行会社が取り扱った旅行積立などの利用が不可欠でした。そんな旅行積立プランによる最初の行き先が欧州とハワイだったのです。その後、日本でハワイは爆発的な人気を獲得し、バブル崩壊直後の1997年には最盛期を迎え、同年のハワイへの年間渡航者数は約222万人にも及び、日本人海外旅行ナンバーワンの渡航先となりました」(鮫島氏)

 その後、日本経済は長く続く低迷期を迎えるわけだが、鮫島氏いわくそれでも海外旅行人気はしばらく衰えなかったという。

「それから2008年にリーマン・ショックが起きたことで日本人のお財布事情が厳しくなり、翌年のハワイ渡航者数は116万人にまで激減します。しかし、このショックは徐々に沈静化。2011年には円高が進行し、対ドルレートで1ドル80円台まで達していたので、低迷期を迎えてもなおハワイは日本人にとって割安な旅行先でした。

 実際、ヒルトンホテルに3泊5日のハワイ旅行ツアー料金がなんと5万円台というものもありました。現在、同じツアーであれば20万円はしますから、その差が明らかです。その後、コロナ禍直前の2018年や2019年頃は、年間約150万人から160万人前後の渡航者数まで回復し、安定していました」(同)

Source

タイトルとURLをコピーしました