杏とは対照的…東出昌大、山奥での「自給自足0円生活」に批判続出で好感度の底抜ける

ビジネスジャーナル

東出昌大の「自給自足生活」に批判の声の画像1
東出昌大(GettyImagesより)

 俳優の東出昌大が、俗世から離れた山の中で「自給自足0円生活」をしていると報じられた。「狩猟生活カッコイイ」「楽しそうでうらやましい」といった声があがる一方、女性層を中心に「男の身勝手」「養育費は?」などと批判が噴出しているようだ。

 東出は発売中の「週刊文春CINEMA!2022秋号」(文藝春秋)で「山での暮らしを始めて、かれこれ半年ですね」などと語っており、まさかの「山暮らし」をしていることがわかって話題になった。

 発売中の「週刊女性」(主婦と生活社)が『「家賃0円」「電波は圏外」驚きの自給自足生活の全貌』と題して本人を直撃しており、記事によると東出は今年の春ごろから関東近郊の山あいにある小屋で暮らし始めたという。

 地元の人の厚意でタダで小屋に住んでいるそうだが、携帯電話の電波が入らず、トイレは汲み取り式で、電気は通っているもののガスや水道はなし。ベッドがないので寝袋で眠り、お風呂は近所の温泉施設を使っているという。

 食事は趣味の狩猟で仕留めた動物の肉や近所で採れた山菜、地元の人にもらった野菜などでまかなっており、家賃だけでなく食費もほぼゼロだという。

 東出は「役者でいるときは常に緊張の連続なので、ロケ弁も味がしないくらい追い込まれている状態のことも多い」とし、山暮らしについて「食べ物もひとつひとつ美味しさを感じながら食べることができるので、僕にとってはここでの生活のほうが居心地がいいんです」と同誌の記者に語っている。

 これにネット上では「狩猟しながら山で暮らすとか男の夢だな」「YouTubeで狩りを配信してほしい」「ハンター生活、正直楽しそうでうらやましい」といった羨望の声が。一部メディアでは、若手俳優たちが「生きざまがカッコイイ」と東出を慕い、定期的に小屋を訪れているとも伝えられている。

 しかし、その一方で「不倫して離婚して養育費もまともに払わず好きに生きるって無責任すぎでは」「どこがカッコイイの?ただの男の身勝手でしょ」「逃げずにもっと働いてちゃんと養育費払ったら?」といった厳しい意見も多く飛び交った。

Source

タイトルとURLをコピーしました