塩焼きそば127円…セイコーマート、コスパ&クオリティ最強な総菜5選&レビュー

ビジネスジャーナル

セイコーマート「ホットシェフ カツ丼 大盛」
セイコーマート「ホットシェフ カツ丼 大盛」

 北海道を中心に展開するローカルコンビニチェーン店のセイコーマート(以下、セコマ)。道産子に「一番馴染みのあるコンビニは?」と聞くと、大多数が「セコマ」と答えるほど道内では身近な存在として知られているコンビニである。ちなみに筆者も道産子であり、学生時代はセコマに足しげく通っていた。

 1971年8月10日、札幌市北区に開店した「コンビニエンスストア萩中」から始まったセコマの歴史。翌年、チェーン全体を「セイコーマート」と命名し、店舗数拡大を続けていくことになる。2022年8月末現在の道内店舗数は1083店舗であり、全国コンビニ店舗数1位のセブン‐イレブンの道内店舗数・約1000店舗よりも多い。こうした店舗数の事情を考えると、道内でのセコマのシェア率がいかに高いかがわかるだろう。

 そんなセコマの魅力といえば、北海道産素材をふんだんに使用した食品群。1995年にアイスクリームを発売してから始まったリテールブランドでは、総菜、おにぎり、サンドイッチといった日配品から、ソフトドリンク、牛乳、ワイン、カップ麺なども売られており、道産食材使用の商品が1000品以上も存在。また道内に800店以上ある、手作りの弁当、ホットスナック、おにぎりを販売する店内調理型の販売コーナー「ホットシェフ」の商品は、そのクオリティの高さから多くの道産子に愛されている。

 セコマの商品は、道外の人にもぜひ食べてみてほしいものばかり。そこで今回は、旅行で立ち寄ったときに食べていただきたいセコマ商品を5品ピックアップしたので、その魅力を食レポしていく。

ホットシェフ カツ丼 大盛/600円(税込、以下同)

 ホットシェフの看板商品といえば、「ホットシェフ カツ丼」を思い浮かべる道産子は多いだろう。本品はホットシェフのなかでも、最も売上金額が高いセコマ屈指の人気商品。なおホットシェフ商品はすべて保温ケースの中に入っているので常にホカホカの状態なのだ。

 店内で炊いたごはんと、揚げたてのカツで作られるこのカツ丼。セコマオリジナルのたれで卵とじされた本品からは、香ばしいカツと出汁の効いたたれの甘い匂いが漂ってくる。卵は半熟でとろりとした仕上がりであり、カツとごはんとのコラボレーションに期待せざるを得ない。

 一口食べてみると、カツは食べ応えのある厚さであり、噛めば噛むほど肉の旨味が堪能できる。衣に染み込んだ甘めのたれは、しっかりと出汁が効いた優しい味わいであり、ごはんとの相性が最高。今回購入したのは大盛だが、通常のカツ丼も一杯で満腹になるボリュームなのでランチにもってこいである。

Source

タイトルとURLをコピーしました