小室佳代さん、元恋人に多額の金銭要求か、文春報道…秋篠宮家の親戚、警察が警戒か

ビジネスジャーナル

眞子さん(宮内庁のHPより)
宮内庁のHPより

 秋篠宮家の長女、眞子さんの夫である小室圭さんの実母、小室佳代さんが、元交際相手の男性に過去の同棲時代の生活費や慰謝料として約1600万円を要求し、男性が警察に相談するなどしてトラブルに発展していると、15日発売の「週刊文春」(文藝春秋)記事が報じた。

 約4年にわたる婚約内定とその取り消しをめぐる騒動の末、昨年10月に結婚した眞子さんと小室圭さんは現在、アメリカのニューヨークで生活しているが、その新婚生活は順風満帆とはいいがたいようだ。小室さんは昨年5月に米フォーダム大学ロースクールのJDコースを修了し、同年7月にニューヨーク州の弁護士試験を受験したが、一時帰国して眞子さんとともに結婚会見を行った直後の同年10月、不合格となったことが判明。

 小室さんはニューヨーク市内の法律事務所に法務助手として勤務する傍ら、今年2月に再度、弁護士試験を受験したものの不合格に。7月に3度目の受験に挑み、今月下旬にも発表されるとみられる合否を待つ身である。

「事務所の規模によっても違ってくるが、小室さん並みのキャリアと年齢のパラリーガルの年収は、日本では400万円前後といったところ。ニューヨークで同職種の年収がどれくらいかはわからないが、ニューヨークの高い家賃や物価を考えると、余裕のある生活を送れるというレベルではないのでは」(都内の法律事務所に勤務する弁護士)

 小室さんの年収については600万円ほどという報道が多く、マンハッタンのヘルズキッチンにある家賃50万円以上ともいわれるアパートに住む夫婦が生活費をどのように賄っているのかと疑問視する声もあったが、今年4月には眞子さんが元東京大学総合研究博物館特任研究員というキャリアを生かしてニューヨーク有数の美術館「メトロポリタン美術館」で仕事を始めていたことが明らかとなり、生活費を稼ぐために眞子さんも職を得る必要に迫られているという見方も広まっていた。

「このまま弁護士試験に合格できなければ事務所を解雇されるという報道もみられるが、そこは法律事務所によって方針が違うだろうし、小室さんが今の事務所に入るときにどのような契約を結んでいたのかにもよるので、一概にはいえない。たとえ弁護士になれなくても、法務助手として相応の給料を得て勤務し続けることは何ら不自然ではないし、事務所側に、日本語や日本の法律事情に詳しい日本人の事務員を雇っておきたいという事情がある可能性もある。

 特に小室さんは日本の皇族と親戚関係にあり、将来の天皇・悠仁さまの義理の兄でもあり、ビジネス的な観点から小室さんのような“ロイヤルファミリー”を抱えておきたいと考える事務所があってもおかしくはない」(同)

Source

タイトルとURLをコピーしました