上野樹里、平手友梨奈、桐谷美玲、赤西仁、満島ひかりらが頼る“敏腕マネージャー”の正体

ビジネスジャーナル

geinou

 どうも、“X”という小さな芸能プロダクションでタレントのマネージャーをしている芸能吉之助と申します。

 近年、タレントの事務所独立や移籍の話題が増えていますが、その勢いはまだまだ止まらなそうです。以前も、「大手プロダクションからの大物役者の独立」という問題については語ったことがありますが(下記参照)、今回もまたあらためて、芸能マネジメントの立場から、タレントとマネジメントの関係性の変化について、分析を加えてみたいと思います。

 女優の上野樹里さんが、今年の3月31日付で2004年から所属していた「アミューズ」から独立をしたことは記憶に新しいかと思います。6月に最終回を迎えた出演ドラマ『持続可能な恋ですか?~父と娘の結婚行進曲~』まではアミューズの担当が現場についていたようですが、それ以降は個人事務所での活動となり、元マネージャー男性が代表を務める芸能事務所「Don-crew」(ドンクルー)と業務提携をすると発表されました。

 双方ともに前向きなコメントを出していたので円満退社だと思いたいですが、個人的にはこの世に円満なんてものはないと思っています。だって、本当の本当に円満なら……そもそも辞めないですよね?(笑)。アミューズは大手プロダクションですから、まさかお金で揉めるようなことはなかったのだと思いますが、今回のケースを上野さんの立場から見れば、「育ての親と一緒にやっていきたい」ということなのではないでしょうか。そうした決断に至るまでに、上野さんのなかにどんな思いがあったのかをうかがい知ることはできませんが、そう決断をくだされた以上、事務所としては、「本人が決断し、そんな彼女のことをちゃんとわかってくれている人が次にマネジメントしてくれるのであれば、まあいいか、しょうがないか……」と納得するほかなかったでしょうね。

上野樹里、平手友梨奈、大原櫻子などがこぞって頼る、アミューズから独立した敏腕マネージャー

 上野さんは、もともとは「ウィルコーポレーション」というモデル系の小さな芸能事務所にいましたが、2004年にアミューズに“事務所ごと移籍”しています。大手プロとはいえ、モデルプロを丸ごと飲み込むというのはかなり異例のことだったでしょうが、ウィルコーポレーションは、同じく女優としてのちに才能を開花させる吉高由里子さんも所属していたらしいですから、結果としてアミューズにとっては、大成功の決断だったということになりますよね。

 こういった経緯があるだけに、上野さんが独立後に合流する元マネージャーは、ウィルコーポレーション時代から信頼関係を築いてきた人物……かと思いきや、さにあらず。アミューズに所属以降、若き日の上野さんを長い間サポートしてきた担当マネージャーさんだそうで、彼は2年前、上野さんに先立ってアミューズを退社して独立しています。彼が立ち上げた芸能プロDon-crewには、2.5次元舞台などで活躍する阪本奨悟さんや、まだそこまで売れてはいない女優さんなど数名が在籍していますが、平手友梨奈さんや大原櫻子さんとも業務提携をしています。ここだけを見ても、タレントさんからの信頼を勝ち取ることができる、相当優秀な人物だということがわかりますよね。

 というわけで、上野さんもそんなDon-crewと業務提携して仕事をしていく形となるようですが、このように、タレント個人としては独立しつつも、仕事の窓口としては信頼できる人物と業務提携してある程度マネジメントを任せる……というスタイルは、これからもっと増えていくと思います。

上野樹里、平手友梨奈、桐谷美玲、赤西仁、満島ひかりらが頼る“敏腕マネージャー”の正体の画像1
活動20年目を迎えるにあたり、移籍を発表した女優・上野樹里。“育ての親”ともいえる元マネジャーとの再出発だ。(画像はアミューズ公式サイトより)

Source

タイトルとURLをコピーしました