池田瑛紗・五百城茉央・中西アルノ…乃木坂5期生の“台風の目”3人の不思議な魅力

ビジネスジャーナル

乃木坂46の池田瑛紗(「乃木坂46 5期生お披露目特設サイト」より)
乃木坂46の池田瑛紗(「乃木坂46 5期生お披露目特設サイト」より)

 8月19日、サンヨー食品の代表的商品である即席麺「サッポロ一番」の公式YouTubeチャンネルに新たなプロモーションCMが公開された。それが、乃木坂46の5期生・井上和と菅原咲月が出演する15秒の動画。泳ぎ終えた後なのか、2人が仲良くプールサイドで「カップスター」を食べるという内容だ。

 サッポロ一番ブランドの主力商品・カップスターは、2018年7月から乃木坂46をイメージキャラクターに起用。発売から47年、ロングセラー商品のさらなる活性化を図っている。

 井上は最初の5期生曲「絶望の一秒前」、そして菅原は8月12日に公開された同じく5期生の新曲「バンドエイド剥がすような別れ方」でそれぞれセンターを務めているが、こうして5期生の中でいち早く有名商品の広告に抜擢されたことは、グループの新たな顔として期待されている何よりの証拠だろう。

 そんな2トップの他にも、乃木坂5期生の中には台風の目となりそうなメンバーがいる。今回は3人に絞って、それぞれの魅力を探っていこう。

“てれぱんワールド”が炸裂する池田瑛紗

 7月3日深夜放送の『乃木坂工事中』(テレビ東京系)で、ある出来事が話題になった。この日の企画「乃木坂ベストメンバー」の中で、同番組に関するクイズが出題されることになり、副キャプテンの梅澤美波が「毎週見てる人!」と挙手を求めると、キャプテンの秋元真夏が「毎週欠かさず見てる」と宣言。他に挙手するメンバーがいない中、恐る恐る手を挙げたのが池田瑛紗だった。

「挙手できなかったメンバーがいたのは、毎週見ていても本当に答えられるかわからないという不安があったからかもしれません。その中で手を挙げた池田は、評価に値するものがあるでしょう。ちなみに彼女が乃木坂の好きな曲として挙げているのが、2015年7月の12thシングル『太陽ノック』のカップリング曲『羽根の記憶』です」(芸能ライター)

 池田はブログの中で、4期生が出演していたバラエティ番組『乃木坂どこへ』(日本テレビ系/2019年10月~20年3月)を見て乃木坂を好きになったことを明かしている。8月1日深夜放送の『新・乃木坂スター誕生!』(日本テレビ系)では、4期生・遠藤さくらの握手会に行った過去を告白しながら「(遠藤に)『また大学受かったら来ます』って言ったんですけど、大学受かる前に乃木坂受かっちゃった」と笑っていた。

 そんな池田は「てれぱん」「てれさぱん」などの愛称で親しまれているが、その言動は、まさに「てれぱんワールド」といった世界観を構築している。

 たとえば、15日深夜の『新・乃木坂スター誕生!』では「アヒル53体に1体ずつ名前を命名している」と告白。自宅に置いてあるフィギュアの写真を公開しながら「同じなんですけど“個体差”があって、頭がひしゃげてるのがオスカルという名前」「サイトで見ていたとき、1匹あたりの値段が安かったのがこのセットだった」と不可思議なことを言っていた。

Source

タイトルとURLをコピーしました