ガーシー、コラボ動画まで異例の削除対象に YouTube側は「完全追放」の構えか

ビジネスジャーナル

ガーシー、コラボ動画まで異例の削除対象に YouTube側は「完全追放」の構えかの画像1
YouTube『ドクターA(麻生泰)』より

 参院選に当選した直後にYouTubeチャンネルをBAN(アカウント停止)された暴露系YouTuberの「ガーシー」こと東谷義和が、コラボ動画への出演についても運営側から「NO」を突きつけられた。今後は視聴者のアカウントを借りてゲリラ的に配信していく方針を示しているが、それも「即BAN」となる見込みが高まったようだ。

 21日、東京美容外科統括院長でYouTuberとしても活動する「ドクターA」こと麻生泰氏が自身のTwitterで「ガーシーさんとのコラボライブがYouTube側より削除されてしまいました」と報告した。麻生氏は、東谷が「BTSに会わせる詐欺」の被害者たちと示談する際、総額4000万円の弁済金を立て替えた“ガーシーの恩人”だ。

 麻生氏は17日に「謎の男にジャックされました。」と題し、東谷との対面コラボ動画を投稿。問題のあるような暴露話は出なかったが、削除対象になってしまったようだ。ちなみに、東谷の動画の「切り抜きチャンネル」も20日から続々とBANされている。

 麻生氏が公開したYouTube運営からのメールによると、同動画は「利用規約違反の扇動」と「過去に削除されたコンテンツ、または停止処分や制限を受けたクリエーターによる投稿」にあたり、それらがコミュニティガイドラインに違反しているという。

 ただ、それ以前に東谷がコラボ出演した動画については残っており、Repezen Foxxなど他のYouTuberが投稿した東谷とのコラボ動画も現在のところ削除されていない。

 これを受けて、東谷は21日付のInstagramのストーリーズで「Google(YouTubeの運営会社)もー少し上手にやれよ、露骨すぎやろ」「ほんま全国民にお願いしたい。GoogleとYouTubeの使用やめよーって笑笑」と反応し、冗談めかしつつもGoogleへの敵意を示している。

 いくらBANされたとはいえ、今回のようにコラボ動画まで削除されたのは異例だ。

 東谷と同じようなケースとしては、2020年に数々の迷惑行為で世を騒がせた元迷惑系YouTuber・へずまりゅうがいる。へずまは同年5月にメインチャンネルをBANされて以降、新チャンネルを立ち上げるたびに「即BAN」になり、YouTubeから“永久追放”された状態となっている。

 しかし、そんなへずまでも他人のチャンネルにゲスト出演する「コラボ動画」だけはYouTube側から容認されているようで、現在は「コラボ専門YouTuber」として活動している。

 チャンネルを持つことはおろか、コラボ動画や切り抜き動画すら許されない東谷については、YouTube側が「へずまりゅう以上」の厳しい態度でのぞんでいるといえる。現状は「完全追放」状態にあるともいえそうだ。

Source

タイトルとURLをコピーしました