スマホケース「手帳型」使用率50代が最大、その理由が深刻【スマートフォンPLUS調べ】

ビジネスジャーナル

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

みなさんはスマートフォンを使用するときにスマホケースは使っているだろうか? 単色のシンプルなデザインからキャラクターの描かれたもの。さらには、デザインだけでなく機能性も重視した、スマホリングやカード入れ、手鏡のついたタイプなど、ユーザーの好みに合わせて多種多様なケースが存在する。

今回はそのようなスマホケースに関する調査結果についてお伝えしていきたい。

スマホケースの利用ユーザーの割合が判明

スマホケースの利用ユーザーの割合
一番割合の低かった50代でも5人のうち4人は、スマホケースを使用している(​株式会社NEXER「スマートフォンPLUS」調べ)

株式会社NEXERの運営するスマートフォンメディア 「スマートフォンPLUS」は6月28日、同月に実施したスマホユーザーに対して「スマホケースの使用」についてのアンケートの調査結果を公表した。

まず「スマホケースを使用しているか」の質問については、「30代以下」と「60代」がともに88.7%が「使用している」と回答している。一方で「40代」は83.3%、「50代」は82.0%と、意外にも60代のほうが40~50代よりもスマホケースを使っていることが明らかになった。

そして、使用しているスマホケースのタイプをたずねる質問では、「30代以下」「40代」「50代」「60代」とすべての年齢層で「手帳型」が最多に。中でも「50代」は48.9%と、回答者のほぼ半数が手帳型を使用していることがわかった。

はたして、50代の多くのユーザーはなぜ手帳型を選んでいるのだろうか?

どの世代も「手帳型>ソフトタイプ>ハードタイプ」という人気順
どの世代も「手帳型>ソフトタイプ>ハードタイプ」という人気順となった(​株式会社NEXER「スマートフォンPLUS」調べ)

手帳型を使用するユーザーの声で、世代に関わらず多く聞こえてきたのは「スマホを守ってくれる」というポイントだ。実は筆者もハードタイプから手帳型に切り替えたスマホユーザーなのだが、その最も大きな理由が、まさにスマホの画面保護だった。ハードタイプを使用していた頃には、2~3度落とした衝撃で画面を割ってしまい機種変更を余儀なくされていたのだが、手帳型に変えてからは落とす頻度も減ったうえ、いまだに一度も画面を割っていない。その防御力は絶大だ。

一方で、50代以降のユーザーの声にしぼって見てみると、「お尻のポケットに入れたときに誤動作することが多かったので、画面をふれないようにするため。(50代・男性)」「液晶画面の傷防止と、バッグなどの中でミスタッチしてしまうのを防ぐため。(60代・女性)」など、ポケットやカバンにスマホをしまった際の「誤った操作を防ぐ」ことに対して、期待を寄せる意…

続きは【オトナライフ】で読む

Source

タイトルとURLをコピーしました