森永製菓「inゼリー」だけじゃない!梅雨時に飲むべきゼリー飲料5選

ビジネスジャーナル

各社のゼリー飲料
各社のゼリー飲料

 関東甲信地方が昨年より早く梅雨入りし、これからは高温多湿の日々が続くことになる。暑くてジメジメする時期は食欲が失せてしまいがちだが、食事を抜くのは絶対にNG。健康に悪影響なのはもちろん、やる気が起きず、集中力も続かず、仕事のパフォーマンスも低下してしまうからだ。どれだけ箸が進まなかろうと、食事を疎かにするのは百害あって一利なしといえる。

 そこで、食欲が減退しているときでも手軽にエネルギーと栄養を補給できる「ゼリー飲料」を紹介したい。近年、ゼリー飲料市場は拡大しており、新作も続々と発売されている。今回は、定番商品の新フレーバーや、2022年春以降に発売された新商品などを中心にチョイス。進化した令和のゼリー飲料を、ぜひチェックしてみてほしい(各種情報は調査時点、価格はすべて税込み、オープン価格)。

森永製菓「inゼリー フルーツ食感」/210円

 森永製菓の「inゼリー」といえば、ゼリー飲料の老舗ブランドであり、誰もが一度は目にしたこと、そして飲んだことがあるだろう。「ENERGY」「VITAMIN」「PROTEIN」など豊富なラインナップが魅力のinゼリーから、今春、「フルーツ食感」シリーズが新登場した。名前の通り、果物のような食感をゼリーで再現した商品で、現在は「梨」と「もも」の2種類の味が売り出されている。

森永製菓「inゼリー」だけじゃない!梅雨時に飲むべきゼリー飲料5選の画像2

「梨」は、口に入れた瞬間に梨特有のシャリシャリ食感が口中に広がり、その再現度はなかなかのもの。一方の「もも」は、さらにリアル志向で、桃果肉の弾力がゼリーで見事に表現されている。「もも」は果汁が10%も入っているおかげか、新鮮なフルーツを思わせるみずみずしさも感じられる。定番でありながら食感は新しいという、新感覚なinゼリーだ。

伊藤園「チチヤス コーヒーゼリー」/150円(自動販売機)

 ヨーグルトや乳飲料でおなじみの「チチヤス」ブランドから展開された、コーヒーゼリー風飲料。カフェラテ風味の味わいで、ミルク感も砂糖の甘味も感じられるが、ベースとなるコーヒーの苦味が効いているので、大人の消費者の期待を裏切らない仕上がりになっている。

森永製菓「inゼリー」だけじゃない!梅雨時に飲むべきゼリー飲料5選の画像3

 このようなタイプのゼリー飲料は、飲む前に容器をよく振ってゼリーをクラッシュしてから味わうのが定番。本商品のラベルには「3回振ってね」と書いてあるが、3回程度だとゼリーが崩れず、かなり大きめの塊のまま残ってしまう。とはいえ、飲み口が直径3cmもあるので、大きめに崩しても飲みやすく、満足度も高い。ゼリー飲料でありながら食べごたえのあるメニューといえる。

 また、チチヤスのマスコットキャラクター“チー坊”が描かれたかわいらしいパッケージとは裏腹に、カフェインを36mgも含んでいるので、朝食代わりに飲めば、お腹も満たせて、眠気も覚ませられるかもしれない。

 ただ、今回の調査では、コンビニやスーパーに置かれていることが少なく、自動販売機で見かけることが多かったので、入手難易度はやや高い。気になる人は伊藤園の自販機をよく見てみよう。

Source

タイトルとURLをコピーしました