オーケストラ楽員は“選ばれた人たち”!人並み外れた才能+強運

ビジネスジャーナル

オーケストラ楽員は選ばれた人たち!
「Getty Images」より

「明日のリハーサルは、朝の10時半からだよな……」

 夜9時にコンサートを終えたオーケストラ楽員が、こんなことを話していることもあるでしょう。特に、通常の演奏会場ではなく、自宅へ帰るために余分に1時間以上も長くかかる場所でのコンサートであれば、少し恨みがましく聞こえるかもしれません。

 誤解していただきたくないのは、楽員にとってオーケストラは天職で、好きでたまらない仕事です。楽員全員が大好きな音楽を演奏するからこそ観客も感動できるわけで、ステージ上ではオーケストラ楽員は翌日のリハーサル開始時間など考えることもなく、ただただ音楽に集中しています。

 そんな楽員たちは、人並み外れた才能に恵まれているだけでなく、少ないチャンスを見事につかみ取ることができた、選ばれた人たちなのです。

 若い頃にオーケストラを聴いて大感動してオーケストラ楽員を志し、難しい試験に合格して音楽大学に入学しても、まだ演奏家の卵にもなっていません。それからが本当の厳しいレッスンの日々となるのです。時には、師匠の厳しい指導にめげながらも、「オーケストラに入りたい」という一心で必死に練習をする音大では、仲間の同級生も認める凄腕を持った学生がいる半面、どんなに練習してもそれほどのレベルに達しない学生もいるのが、楽器演奏の残酷な宿命なのです。

 そして、仮に多くのライバルを抑え優秀な成績で卒業できたとしても、そこからがやっとオーケストラに入団するためのスタートライン。一つのポストをめぐって100人以上も押しかけてくることもよくあるオーディションの合格を目指すのです。さらに、幸運にもオーディションの狭き門をくぐり抜けたとしても、約1年間の試用期間で落とされてしまうこともありますし、そもそもオーケストラに欠員がなければ、次に欠員が出るまでオーディション自体がありません。

 一方、オーケストラには、正式な楽員ではなくエキストラとして演奏している演奏家もいます。もちろん、エキストラとして選ばれることも、人並み外れた実力がなければ叶いません。しかも“常トラ”ともなれば、ますます狭き門となります。常トラというのは、「常に呼ばれるエキストラ奏者」の意味で、簡単にいうとおなじみのエキストラという感じです。

 このおなじみになるのも、正楽員たちの絶対的な信頼を得ていなくてはならず、しかも、正楽員のように終身雇用が約束されているわけでなく、通常のエキストラと同じく、いったん信頼を失ってしまったら、もう依頼が来ないことになります。とにかく、オーケストラで演奏できるのは、本当に幸せなことなのです。

Source

タイトルとURLをコピーしました