ウクライナ”歌姫”カーロリさんの67歳父が領土防衛隊に

ビジネスジャーナル

ウクライナ歌姫カーロリさんの67歳父が領土防衛隊にの画像1
岸田文雄首相と面会した歌手チーナ・カーロリさん(Instagram tina_karolより)

 今月来日し、ロシア軍に侵攻されている母国・ウクライナへの人道支援を求めた同国の国民的歌手チーナ・カーロリさん(37)の父グリゴリー・リーバーマン氏(67)が領土防衛隊に参加したことがわかった。仏紙フィガロのインタビュー『Tina Karol, chanteuse et figure de «The Voice» en Ukraine: «J’ai compris que j’avais une arme avec ma musique»』で明かし、ウクライナ国内で大きな反響を呼んでいるようだ。

 同国政府は領土防衛のため18~60歳の男性の出国を禁止しているが、カーロリさんの父は年齢的に対象外だった。インタビューで、カーロリさんは「国を離れることができるが、父はウクライナを守るためにとどまりたいと思った」と語り、「それを受け入れるのは簡単ではありませんでした」と述べた。

 カーロリさんは現在、世界中をめぐり同国への人道支援を求めるツアーを続けている。ウクライナに残る家族やかつての仕事仲間に対し、「彼らは私を待っています。もちろん、いつ訪問できるかはわかりません」と語る。そのうえで、「私は荒れ狂う戦争について話すために旅行します。なぜなら、これは私たちの国だけでなく、ヨーロッパ全体とその将来に関係していることを人々が理解しなければならないからです」と述べた。

 カーロリさんは三木谷浩史楽天グループ社長の招請で来日。今月14日千葉市内のイベントに出演。16日には日本外国特派員協会(東京都)で記者会見し、ウクライナの子守歌「夢は窓辺を過ぎて」を披露し、「私の武器は言葉、音楽です」と同国への支援を求め、17日には岸田文雄首相と会談していた。

出国を認める請願2万5000人の署名も

 男性の出国禁止はウクライナでは関心のあるテーマであり続けている。同国のニュースサイト「ウクライナ・プラウダ」が22日公開した記事『Зеленський каже, що на Сході може гинути до 100 військових в день』(ゼレンスキー氏「1日に最大100人の兵士が東部で死ぬ可能性があると言います」)では、18~60歳までの男性の原則出国禁止方針に対する同国内での混乱が垣間見えた。

 記事では、男性の出国を求める請願書に2万5000人の署名がインターネット上で集まっていることを挙げる。この請願書に関し、同国のゼレンスキー大統領は現在の厳しい戦況を踏まえ以下のように述べたという。

Source

タイトルとURLをコピーしました