テレビ朝日「不安煽り報道」の犠牲者…ワイドショー鉄壁の強さで視聴率3冠の罪

ビジネスジャーナル

テレビ朝日「不安煽り報道」の犠牲者…ワイドショー鉄壁の強さで視聴率3冠の罪の画像1
テレビ朝日本社(「Wikipedia」より)

 テレビ朝日が初の「民放3冠」に輝いた。4月4日、2021年度の平均世帯視聴率で「全日」「ゴールデン」「プライム」のすべてで初めて民放キー局の首位になったと発表したのである。

 これに大きく貢献しているのが、圧倒的な強さを誇るワイドショーだ。『羽鳥慎一モーニングショー』は個人全体で歴代最高視聴率をマークして、同時間帯で6年連続民放トップ、『大下容子ワイド!スクランブル』も8年連続トップを達成している。

 なぜこんなにテレ朝のワイドショーは数字(視聴率)が取れるのか。羽鳥・大下両キャスターやコメンテーターの好感度などもさることながら、ライバル局が指摘するのは、「不安を煽るうまさ」だという。

「ワイドショーはニュースと違って正確な情報を伝えることより、喜怒哀楽を刺激することが求められますが、テレ朝の場合はそのなかでも視聴者の恐怖心や不安を刺激するのがうまい。コメンテーターや専門家のキャラクターを生かして、いかに恐ろしいことが起きているかということを煽り気味に語らせる。他局も似たことをやっていますが、やはりテレ朝がピカイチです」(民放情報番組ディレクター)

 その最たるものが「コロナ報道」だという。一般社団法人「放送法遵守を求める視聴者の会」が『モーニングショー』が20年3月16~20日に放映した内容を調べたところ、PCR検査に関する報道時間のうちなんと39%が「全員検査せよ」という主張に割かれていた。それは裏を返せば、報道の4割が「検査をしないと死者が溢れかえるぞ」という恐怖訴求に費やされていたということでもある。

「当時、岡江久美子さんがコロナに感染し亡くなるとテレビクルーが自宅へ押しかけて大騒ぎしていたことからもわかるように、テレビの世界ではコロナの恐怖を煽れば煽るほど数字が取れるという現実がありました。それを最も戦略的にうまくやっていたのが『モーニングショー』。コメンテーターの玉川徹氏や“コロナの女王”と呼ばれた岡田晴恵氏などコロナの恐怖を煽る“名人”が揃っていましたからね」(前出ディレクター)

テレ朝の伝統

 恐怖を煽って数字を稼ぐ――。一般の視聴者からすれば陰謀論の類のように聞こえるかもしれないが、テレ朝のなかでは、わりと日常的に語られるスキームだ。報道や情報番組に10年近く関わってきた元テレ朝社員が言う。

Source

タイトルとURLをコピーしました