Windows 11の使いづらい仕様を使いやすくする7つの方法!

ビジネスジャーナル

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

Windows 11ではGUIが大幅に変更されて快適になったが、その反面、細かい仕様がWindows 10とは異なっているため、当初は操作に戸惑うことも多い。そこで今回は、Windows 11の残念な仕様を、もっと使いやすくするワザを紹介しよう。これで、Windows 10と同じようにサクサク使えるようになるぞ!

Windows 11の残念な仕様を変更して使いやすくしよう!

すでにWindows 10からWindows 11にアップグレードしたり、新規でWindows 11搭載パソコンを購入した人も多いことだろう。

Windows 11ではGUIの仕様が大きく変更されて、より快適に使えるようになったものの、細かいところがWindows 10とは違っているためにイライラする場面もある。

そこで今回は、Windows 11の使いにくい残念な仕様を、もっと使いやすくするワザを7つ紹介しよう。これで、Windows 10と同じようにサクサク使えるようになるぞ!

GUIが大きく変更されたWindows 11
GUIが大きく変更されたWindows 11。どうしても細かい部分がWindows 10と違うため、当初は使いにくくてイライラすることも……(画像はMicrosoft公式サイトより転載)

【1】右クリックメニューの項目が全部表示されないのが✖

Windows 11を使い始めると、最初に気になるのが、右クリックで表示されるメニュー(コンテキストメニュー)が簡素化されていること。

そのため、メニューの下にある「その他のオプションを表示」をクリックしないと、Windows 10でお馴染みの機能が呼び出せないのだ。これぞ典型的なWindows 11の残念な仕様である。

右クリックメニューの項目が全部表示されない
Windows 11では右クリックメニューが簡素化され、「その他のオプションを表示」を選択することで、Windows 10と同じようなメニューが表示される仕様に。ここが面倒くさい!

実は、Windows 11の右クリックメニューは、Windows 10と同じ仕様に戻すことができる。

その方法は簡単だ。まず「スタート」ボタンを右クリックして「Windowsターミナル」を選択。すると、黒いウインドウが開くので、ここに特殊なコマンドをコピー&ペーストすればいいのである。

■【コマンド】(コピペしよう!)

reg.exe add “HKCUSoftwareClassesCLSID{86ca1aa0-34aa-4e8b-a509-50c905bae2a2}InprocServer32” /f /ve

ただし、パソコンを再起動するかエクスプローラーを再起動しないと、仕様変更が反映されないので、タスクマネージャーでエクスプローラーを再起動すること。もちろんこの作業は、何らかのフォ…

続きは【オトナライフ】で読む

Source

タイトルとURLをコピーしました