これぞクラシック音楽のすごみ!動物の声を楽器で再現&壮大な物語を巧みに表現

ビジネスジャーナル

これぞクラシック音楽のすごみ!
「Getty Images」より

「犬を飼いたいと思っているのだけど、今、犬の価格がものすごく高くて買えないのです」

 これは最近、近所の友人家族から聞いた話です。調べてみると、コロナ禍をきっかけに犬や猫を飼う人が多くなったことが大きな原因のようです。

 英国でのロックダウンのように、食品や必要最低限の日用品、そして医薬品を買うためにのみ、決められた時間に外出を許されていた国であっても、犬の散歩だけは許されていたそうです。それにより、犬の需要が急激に増えたという話は知っていましたが、日本でも自粛生活のなか自宅での時間が増えたことにより、“コロナ禍のペットブーム”が起こり、それは今でも続いているようです。

 たとえば、犬の人気ランキング不動の第1位「トイ・プードル」。室内でも飼いやすい小さなサイズのぬいぐるみのような愛嬌のある犬です。新型コロナウイルス感染症の流行が始まった直後の2020年3月頃でも、人気犬ということで子犬には20~30万円の値がついていましたが、現在、一般的なペットショップのホームページを見ると、一番高いもので46万円もしています。人気第2位の「チワワ」も20万円くらいだったのが、人気あるホワイト色は42万円と、2倍以上に高騰しているのです。

 しかし、このくらいの値段で驚いている場合ではありません。ある高級ペットショップでは、小さなサイズの「ティーカップ・プードル」が、なんと220万円で売れたとのことです。僕も6歳の「キャバリア」を飼っているのですが、買った当時のことを考えると値段も倍近く上がっていますし、今のように犬が品薄でもなかったので、現在の状況には驚くしかありません。

 犬は、古代より人間にとって大切な動物でした。狩猟犬、牧羊犬、愛玩犬、盲導犬、警察犬、そして最近では、認知症の老人たちの治療法として注目されているセラピー犬など、たくさんの犬が人間に愛されてきました。そんなわけで、「犬」をテーマにしたクラシック音楽も数多くあります。

ショパンの『子犬のワルツ』誕生の裏側

 代表的なのは、“ピアノの貴公子”フレデリック・ショパンのピアノ小品『子犬のワルツ』です。19世紀半ば頃に活躍したショパンは、社交界の大スター、ジョルジュ・サンドと同棲していました。そのサンドが飼っていた子犬が、自分の尻尾を追いかけてぐるぐる回っている姿を見ながら作曲した作品といわれています。曲の最初から、子犬が楽しそうに回っている姿を見事に表しており、犬につけられた鈴のような音も鳴り始める。そんな気楽で楽しい曲で、今もなお、大人気の作品です。

 余談ですが、犬が自分の尻尾を追いかけるのは、多くの場合、ストレスを発散するためだそうです。なかにはエスカレートしてしまい、尻尾をかんで血が出ても止めない場合もあるそうで、かわいいとばかりは言っていられません。

Source

タイトルとURLをコピーしました