2022年7月から「楽天SPU」がまたまた改悪!? 楽天銀行+楽天カードとポイント獲得上限が変更に!

ビジネスジャーナル

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

楽天市場におけるポイントアップシステム「楽天SPU」の条件は2022年4月1日にルール変更があり、最大倍率が15倍から14倍に引き下げられたばかりだ。しかし、2022年7月1日からはまたもや「楽天銀行+楽天カード」のポイント付与方法と「ポイント獲得上限」についてルール変更が行われることになった。楽天経済圏にオールインしている人ならこのルール変更をしっかりチェックしておかないと、獲得ポイントに影響が出るかもしれないぞ!

楽天SPUのルールがまたまた2022年7月に変更される!

楽天市場を中心とした楽天経済圏にオールインしている人は多いだろう。とくに楽天市場の買い物では、楽天のサービスを利用するごとにポイント倍率が最大14倍までアップされる「楽天SPU(スーパーポイントアッププログラム)」が魅力的だ。

しかし、楽天SPUはこれまでに何度もルールが“改悪”されており、そのたびに毎回ネットではプチ炎上する騒ぎになっている。

たとえば、2022年4月1日には楽天SPUのポイント対象が「税込」から「税抜」に変更されると同時に、楽天保険の保険料を楽天カードで支払っても+1倍が付与されなくなってしまったのだ。

これにより、楽天SPUの最大ポイント倍率は15倍から14倍に下がっているので、詳しく知りたい人はこちらの記事を参考にしてほしい。

そんななか、またまた2022年7月1日から楽天SPUのルールが変更されることになった。ひとつめは楽天銀行口座で楽天カードの利用代金の引き落としをするとポイント+1倍だったものが+0.5%に引き下げられる。

そしてもうひとつは、楽天PointClubのランクに応じた月間獲得上限ポイント数が最大1万5,000ptだったものが一律5,000ptまで引き下げられることだ。

そこで今回は、2022年7月1日から実施される楽天SPUのルール変更について詳しく解説したいと思う。

2022年7月から「楽天SPU」がまたまた改悪!? 楽天銀行+楽天カードとポイント獲得上限が変更に!の画像1
(Image:event.rakuten.co.jp) 楽天SPUは2022年4月にルール変更され、最高倍率が15倍から14倍に引き下げられたばかりだが、7月にはさらなるルール変更が実施されることになった

●楽天銀行「「楽天銀行+楽天カード」 のSPUサービス変更のご案内」(公式)→こちら

「楽天銀行+楽天カード」のルール変更は微妙!?

それではさっそく、2022年7月1日に予定されている楽天SPUのルール変更を確認してみよう。

まずひとつめは、これまで「楽天銀行口座で楽天カードの利用代金の引落をするとポイント+1倍」だったものが、変更後は「+0.5…

続きは【オトナライフ】で読む

Source

タイトルとURLをコピーしました