海老蔵、麻央さん標準治療拒否を否定、小林麻耶の主張も否定…再婚願望を告白、文春報道

ビジネスジャーナル

海老蔵、麻央さん標準治療拒否を否定、小林麻耶の主張も否定…再婚願望を告白、文春報道の画像1
市川海老蔵のInstagramより

 2017年に亡くなった小林麻央さんが、がん闘病中に、夫で人気歌舞伎役者の市川海老蔵の意向で標準治療を受けられなかったと、麻央さんの姉・小林麻耶が主張しているが、海老蔵は21日発売の「週刊文春」(文藝春秋)記事内で取材に応じ、事実ではないと否定している。また、小林は3月に自身のブログに投稿した記事内で、麻央さんが亡くなって間もない頃、甥と姪のお世話や母のサポートのために海老蔵の自宅で寝泊まりしていたところ、寝ている麻耶に海老蔵が上から覆いかぶさってきて「愛してる」と囁いたなどとも綴っていたが、これについても「文春」記事内で海老蔵は否定している。

 小林がブログやYouTube上で海老蔵への批判を開始したのは、今年3月に入ってのことだった。まず同月21日に出演した夫で整体師の國光吟氏のYouTubeチャンネルの動画で、麻央さんから結婚間も間もない頃に「苦しいよ、苦しいよ」「離婚したいよ」などと相談を持ちかけられていたと語ったのに加え、麻央さんが乳がんで闘病中の時期の海老蔵の言動について次のように明かした。

「病院に“看病”? ではないですね、(海老蔵が)いらっしゃったときも、最初、5秒いるのも精いっぱいでしたよね。“何すればいいいの? ちょっと、いられないわ。帰るわ”って言って。私、“すごい人だな”って」

 続いて27日にはアパレル会社元代表取締役の東谷義和氏のYouTubeチャンネル「東谷義和のガーシーch【芸能界の裏側】」に電話で生出演し、次のように爆弾発言を行った。

「麻央ちゃんが、がんになって最初、標準治療を選んでいたんですけど、そこで海老蔵さんが勧めてきた詐欺師というか、気功師なんですけど、その人の治療を選ぶことになってしまい、それをやっていたんですね。

 最後に亡くなる直前に『やめたい、やめたい』と言っていたんだけど、やめさせてもらえなかったというのを聞いて、“そういうことだったんだ”って思いました」

 小林の怒りは止まらず、28日には自身のブログで、

「あのさぁ、麻耶ちゃん 俺の子供 産んでよ 小林家ってさぁ なんか、いいじゃん まおちゃんがいる前で わたしに、そう言った」

と告白し、海老蔵に対し謝罪を求める事態に発展していた。

“民間療法ばかりに頼っている”という誤解?

 一方、メディアでも海老蔵にとってマイナスの報道が続いている。たとえば4月14日発売の「女性セブン」(小学館)は、海老蔵が呪術師のような男性に心酔しており、麻央さんの闘病中も、海老蔵の依頼で麻央さんに“施術”を行っていたと報じている。

「一般的に、がん患者が免疫療法などの民間治療を受ける際には、抗がん剤治療や外科的手術などの標準治療と並行して行うケースが多い」(医師)とのことだが、週刊誌記者はいう。

「14年に検診で初めて麻央さんの胸に腫瘍が見つかり、麻央さんはブログに“授乳中のしこりですし、心配いらないですよ。半年後くらいに、念のため、また診てみましょう”と医師から告げられたと投稿していた。その数カ月後に受けた検査で乳がんと転移が見つかったが、当時、麻央さんが海老蔵の意向に従い、標準治療を受けずに民間療法をメインで行っているという話は、当時取材していた記者や一部の歌舞伎関係者の間にも流れていた。

Source

タイトルとURLをコピーしました