投資詐欺疑惑の城田優、CM業界で要注意人物…『カムカム』終了後に不穏な動きか

ビジネスジャーナル

投資詐欺疑惑の城田優、CM業界で要注意人物…『カムカム』終了後に不穏な動きかの画像1
城田優のInstagramより

 過去に交友があった芸能人や人気YouTuber、企業経営者らに関する情報を自身のYouTubeチャンネル「東谷義和のガーシーch【芸能界の裏側】」上で次々と明かし、注目を集めているアパレル会社元代表取締役の東谷義和氏。その東谷氏が3月1日、過去に俳優の城田優がギャンブルで多額の金を失い、さらにある投資詐欺に関与していたという話を語り、さらに2日には東谷氏は「証拠」だと主張するスクリーンショットを公開。それを受け、城田が出演するCM動画が、配信元の企業の公式サイトや公式YouTubeチャンネル上から削除される動きも出ていたが、以前から城田はCM業界で“ブラックリスト”に入れられていたという。

 アパレルブランド「QALB」などを展開するever freeの元代表取締役、東谷氏は、これまでに数回にわたり動画を更新。

 2月には、学習塾「武田塾」を運営するA.ver社長・林尚弘氏やライバー会長・飯田祐基氏、人気YouTuber「てんちむ」らが、常習的に賭けポーカーに関与していたと明かし、ライバーの飯田氏は会長職を、A.verの林氏は社長職をともに辞任。

 続いて2月28日配信回のなかでは、俳優の大原櫻子と新田真剣佑、城田優の関係についても触れ、今月1日の生配信では、過去に城田がギャンブルで多額の金を失い、さらにある投資詐欺に関与していたという話を語り、「証拠」だと主張するスクリーンショットまで公開。この直後、城田が出演する名刺管理サービス「SKYPCE」(Sky)、タマホーム、「霧島天然水 のむシリカ」(Qvou)のCM動画が、配信元の企業の公式サイトや公式YouTubeチャンネル上から削除されるという事態に発展している。

 その後、東谷氏の暴露の矛先はジャニーズWESTの藤井流星、女優の橋本環奈、人気YouTuber・ヒカルに移り、今月13日にはメンバーシップ(有料会員)向け動画配信を開始し、俳優の綾野剛が過去に未成年の人気アイドルグループメンバーと不適切な関係を持ったほか、不倫関係に陥った人妻を夫との離婚に至らせたと語るなど、東谷氏が告発の勢いを弱める気配は一向にみえない。

メディアの報道が解禁?

 東谷氏の標的にされたタレントのなかでも、現時点でもっとも大きな影響を受けているといえるのが城田だろう。大手広告代理店関係者はいう。

「城田はもともと素行不良が伝えられてきたこともあり、我々もクライアント企業に対し、城田のCM起用を進言するようなことはありません。城田を起用している企業もあるが、担当の代理店は城田の“身体検査”が不足していたといわれても仕方ない」

 城田は現在放送中のNHKの朝の連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』でナレーションを務めている。今月7~9日放送回では城田のナレーションが突然なくなり、SNS上では東谷氏による告発が影響したのではないかと話題になったものの、10日放送で城田はナレーションに“復帰”していた。

Source

タイトルとURLをコピーしました