スタバ「抹茶ティーラテ」の絶品カスタマイズとは?今冬に味わうべき商品5選

ビジネスジャーナル

スターバックスの店舗
スターバックスの店舗

「スタバ」の愛称で親しまれる大手カフェチェーン「スターバックス コーヒー」が日本に進出して、およそ四半世紀。コロナ禍による厳しい客足低下の流れの中でも店舗数を増やし、2020年には約100店を出店、21年9月末時点で1685店舗となっている。

 スタンダードなおいしさを守っていくことにこだわりが感じられる一方で、ヴィーガン向けにミルクを豆乳に変更できるなど、多様性が求められる時代に即したメニュー展開にも定評がある。今回は、そんなスタバのメニューからあまり知られていないドリンクやカスタム、新商品などに注目して、この冬に試してみてほしい買うべきメニューを5つ紹介していこう(価格は税込み)。

スチームミルク/[ショートサイズ]330円

 スチームミルクとは、いわゆるホットミルクのこと。スタバといえばコーヒーやフラペチーノのイメージが強いので、取り扱いがあることを知らなかった人も多いのではないだろうか。それもそのはず、こちらのメニューは店舗のメニュー表に載っていないことが多いので、そもそもの知名度がかなり低いといえるだろう。

スタバ「抹茶ティーラテ」の絶品カスタマイズとは?今冬に味わうべき商品5選の画像2

 味はいたってシンプルなホットミルクである。温めたことにより牛乳の持つ甘味が引き出されており、口にするたびほっとする。ちなみにミルクを使ったホットドリンクの中では一番安価なメニューなので、お財布に優しいのも高評価ポイント。

 なお、通常のオーダーで使用されるのは「スターバックスミルク」というスタンダードなミルク(加工乳)だが、プラス55円で「ブレべミルク」という特別なミルクへの変更が可能だ。これは牛乳とホイップクリームの原料を同じ割合で合わせたミルクのことで、通常のものよりもまろやかな口当たりが感じられる。濃厚な味わいを楽しみたい方は注文してみてはいかがだろうか。

抹茶ティーラテ(+カスタム)/[ショートサイズ]484円

 ほろ苦い抹茶パウダーとミルクを合わせたドリンク「抹茶ティーラテ」は、シンプルでありながらも人気の高いメニューだ。これを、ある方法でカスタマイズしたものがSNSを中心に話題となったことをご存じだろうか。

スタバ「抹茶ティーラテ」の絶品カスタマイズとは?今冬に味わうべき商品5選の画像3

「抹茶ティーラテ」の注文時に、「シロップなし、無脂肪乳、オールミルク、抹茶パウダー多め」と伝えてみてほしい。これにより甘味付けであるクラシックシロップが抜かれ、通常のミルクよりもすっきりとした味わいの無脂肪乳が使用されるのだ。

 通常の同商品より甘さ控えめな飲み口で、多めに入れてもらった抹茶パウダーの濃厚な苦みと香りが後を引く。甘みやコクは薄いが、抹茶の持ち味が最大限活かされているドリンクだと感じた。コールドでも注文が可能だが(その場合は「オールミルク」のカスタムは不要)、寒さの深まっていくこの時期は、ぜひホットでお試しいただきたい。

えびアボカド サラダラップ/484円

 2021年12月1日にリニューアル発売された「えびアボカド サラダラップ」。豊富な野菜が入った商品として、以前から取り扱いはあったのだが、使用するエビの種類やソースの割合が変更され、よりおいしくなって登場したのだ。

スタバ「抹茶ティーラテ」の絶品カスタマイズとは?今冬に味わうべき商品5選の画像4

Source

タイトルとURLをコピーしました