オーバードーズ常習が社会問題化、死亡事故も…処方薬の抗不安薬・睡眠薬、依存者増

ビジネスジャーナル

オーバードーズ常習が社会問題化、死亡事故も…処方薬の抗不安薬・睡眠薬、依存者増の画像1
「gettyimages」より

 滋賀県守山市で19歳の女子高校生が薬物中毒で死亡し、38歳の入江公史郎容疑者と21歳の金城え夢容疑者が未成年者誘拐の疑いで逮捕された。男女2人の容疑者は、死亡した女子生徒と会員制交流サイト(SNS)で知り合い、「オーバードーズ(OD)をするために集まった」との趣旨の供述をしているという。実際、女子生徒が亡くなった入江容疑者の部屋からは抗不安薬や睡眠薬、せき止め薬などの約100錠分の空のシートが見つかっている。

 オーバードーズ( Overdose )とは過量服薬であり、抗不安薬や睡眠薬、せき止め薬や鎮痛剤が対象になることが多い。抗不安薬や睡眠薬の多くはベンゾジアゼピン系の薬物で、オーバードーズによって酩酊感と多幸感がもたらされるようだ。そのため、「いやなことを忘れたい」「つらいことから逃げたい」「精神的苦痛を和らげたい」などの動機からオーバードーズ常習者が増えている。

 その結果、全国の精神科医療機関における薬物関連障害患者の乱用薬物として、覚醒剤についで2番目に多いのが抗不安薬や睡眠薬などの鎮静薬という事態になった。以前は、乱用薬物としてはシンナーのほうが多かったのだが、2000年代後半に鎮静薬が追い抜いた。それと軌を一にして、救急外来に搬送されるオーバードーズの患者も増加した。

 今回の事件の背景にもこうした状況があると考えられるが、問題は、抗不安薬も睡眠薬も処方薬であり、医師の診察を受けて処方箋をもらわないと手に入れられないことである。実際、オーバードーズを繰り返す患者のほとんどが精神科通院中であり、われわれ精神科医は患者を治療するためにベンゾジアゼピン系の薬物を処方しながら、同時に依存症患者を生み出しているのではないかと疑問を抱かざるをえない。

医薬品から“ドラッグ”へ

 同様の問題は、以前も起きている。2000年代後半に、リタリン(メチルフェニデート)の乱用が拡大して、社会問題になったのだ。

 リタリンは、中枢神経を興奮させる精神刺激薬で、一種の覚醒作用を持つため、ナルコレプシーの治療に用いられていた。ナルコレプシーは、昼間の睡眠発作を繰り返し、夜間の睡眠障害、脱力発作、入眠時幻覚などを伴う病気であり、『麻雀放浪記』で有名な作家の阿佐田哲也さんがこの病気に悩まされていたことはよく知られている。

 それだけでなく、難治性うつ病や遷延性うつ病に対してもリタリンは保険適用が認められていて、抗うつ薬だけでは症状がなかなか改善しない患者に投与されていた。たしかに、リタリン服用によって、一時的に疲れがとれ、集中力も戻ってきたと喜ぶ患者は少なくなかった。

Source

タイトルとURLをコピーしました