事件頻発“トー横キッズ”の現状…背後に半グレ集団、食い物にされる未成年者たち

ビジネスジャーナル

事件が頻発している歌舞伎町
新宿歌舞伎町(「Getty Images」より)

“トー横キッズ”という言葉がメデイアで報じられるようになったのは、新型コロナウイルスが顕在化した、ここ1年ほどのことだ。新宿歌舞伎町の「TOHOシネマズ横」辺りでたむろする若年層の男女たちの存在は、今では広く知られるようになった。

 その一方、トー横キッズに関連する事件が頻発している。今年に入ってからは、違法薬物の乱用や飛び降り自殺が起き、11月にはもともとトー横辺りを縄張りとしていた6名の男性グループがホームレス男性を殴り殺して逮捕され、その実態に関心が集まっている。

 だが、これらは氷山の一角で、事件化されていない問題も多発しているのだ。それに伴い、拠り所のない少年少女たちを喰い物にするような不逞な輩も出てきている。

「新宿署は、もともとトー横周辺を一歩引いて見ていました。何か背後につながっていくような存在はなく、捜査員の動員とかかる労力を考えると、割に合う案件ではなかったからです。ところが、10月に入りトー横界隈に出入りする男性が児童買春で逮捕され、11月には6名の男性グループによる殺害事件まで発生しました。

 トー横に対する事件が頻発したことを受け、新宿署も重い腰を上げて取締を強化し、年末にかけて100人以上の捜査官が投入されるという大捜査へと発展しています。さらに、売春や違法薬物に対する組織的な犯罪も顕在化しつつあり、捜査と並行して未成年者たちに対しての保護も同時に行っています」(全国紙社会部記者)

 かつての渋谷や池袋のように、いつの時代もトー横キッズのような未成年者はクローズアップされ、また大人たちの“ビジネス”に利用されてきた歴史がある。たとえば、未成年者を使って薬の売買をすることでアシがつくリスクを避け、未成年女性に対しては寝所と飲食を確保することを交渉材料に、管理売春を行うグループも界隈には生まれている。

 トー横周辺に出入りする10代女性は、次のように話す。

「みんながみんなそうじゃないけど、女の子たちのなかには、お金のために喜んで“割り切り”や“パパ活”をする子は少なくないです。でも、自分たちでやると、誰に当たるかわからないしリスクもある。だから半グレみたいな人が客を引っ張ってきて、そこに任せている、という子もいる。どれくらい客がつくかですか? だいたい本番までして2~3万円。それを多い日だと2~3組くらいやる子もいますね。ただ、なかには管理者が客を脅して美人局をしてお金を巻き上げるような悪い人もいます。

 あとは、これだけメディアで報じられると、ウリ(売春)などの違法行為はしにくくなりました。だから、今は純粋なトー横キッズなんていませんし、みんな場所を移したり、ネット上で相手を見つけたりしています。結局、場所が変わったところで、やることは同じなんです」

Source

タイトルとURLをコピーしました